見えない敵

なかなか塗装に到達しないスイフトスポーツのエアロですが、またブリスターが出てきております。

f:id:hanabusaauto:20201210080242j:image

フィッティングが悪いなら付けて確認できますが、熱をかけるまで出てこない気泡噛みは見えないだけに非常にタチが悪いです。

あっちもこっちも出てきて、なんか去年の年末も同じような目にあってたような気がします。

f:id:hanabusaauto:20201210080523j:image

f:id:hanabusaauto:20201210080508j:image

で、直して、やっと塗装となった(黒く塗り分けがあります)らなったで、また亀裂が出てるし。

f:id:hanabusaauto:20201210080732j:image

樹脂に薄〜くクラックが入ってて、それがゲルでもサフでも見えないんですけど、艶がある塗装をすると見えるというタチの悪さ。

f:id:hanabusaauto:20201210080933j:image

これが社外エアロメーカーが行う、鈑金屋丸投げの手抜きクソ仕上げです。

私は、社外エアロ取り付けの依頼に対しては露骨に嫌な顔をしてしまいますが、ちょいちょいこういう物があるからですのでご容赦いただきたい。

さて、安心感の純正バンパーは、ちょっと加工がありまして、カナードを付ける穴を空けました。

f:id:hanabusaauto:20201210081518j:image

で、カナードってのは、アレなんで、車検がアレですから、着脱を手軽に出来るようにしておきたいということで、こういうのもを作りました。

f:id:hanabusaauto:20201210081720j:image

3箇所の穴、表からネジ緩められるように裏面にナットを付けておくのですが、ひとつひとつだと接着剥がれて空転しやすいですから、空転防止に3つを繋げて、これを接着しておきます。

f:id:hanabusaauto:20201210081935j:image

これを付けたらボディ色のイエローを塗装していきます。